高卒【決める】就職リサーチ特集!

*

高卒者が面接を突破するコツとは?!

   

af9920058491l

面接日が決まったら毎日「笑顔の自主トレ」をしよう

 面接は笑顔で採用率が上がります。笑顔の方が有能で元気よく見えます。面接の日取りが決まったら、毎日鏡の前で感じよく微笑む訓練をしましょう。人間は急に笑おうと思ってもなかなか表情が自然に動きません。毎日一人ででも出来る笑顔の自主トレで表情筋を鍛えましょう。

 それから「採用担当の目を見て会話する」のも最も重要なポイントのひとつです。「目線」と「姿勢」で採用・不採用が決まるのです。

「うちの会社が第一志望ですか?」と採用担当に聞かれたら

 面接中に、採用担当から「他に受けている会社はありますか?うちが第一志望ですか?」と質問されることもよくあります。必ず「御社が第一志望です」と断言しましょう。演技でもそう言わないと採用されない可能性が高くなります。内定をもらってからキャンセルすることもできるのです。

 「嘘はよくない」と書いてあるマニュアル本もありますが、面接はそもそも騙し合い的な要素が強いのです。後から内定を辞退することになった時には、「家族の事情で・・・」とか「どうしてもこの年収では折り合いがつかないので・・・」と言いましょう。

用担当に不安を抱かせないテクニックとは

仕事の説明のあとで採用担当に「本当にうちでやっていけそうですか?」という質問が出されることがあります。誘導尋問っぽいですけど、「大丈夫です」「必ず勤め上げます」と断言しましょう。
自信のない態度は禁物です。“スーパーマンのように自信を持って答える”のがミソです。

面接中の「知ったかぶり」はダメです

 採用担当に自分が知らないこと、分からないことを質問された場合は、無理に答えようとしないで、「分かりません。勉強不足です」と正直に認めたほうが感じがよいです。

 適当に答えていい加減な内容だったら減点対象になるでしょうし、知ったかぶりで回答したりしてもすぐにばれるでしょう。採用担当によっては、あえて求職者が知らないようなことを質問して、どのように対応するか?!を採点対象にしていたりします。“正直で誠実な人柄”をアピールするのにこしたことはありません。

 - 面接対策

  関連記事

af0060001333l
面接当日の流れと注意点を知っておこう!

面接の流れってどういう感じなの?  まず面接会場には集合時間の10分前には到着す …

af0100041011l
面接本番の前日までに準備しておくこと

面接当日に持って行くもののリスト  不慮の事態で電車が遅れて面接時間に遅刻・・・ …